戻る

 滋賀県高等学校体育連盟柔道部規約

第1章 総 則
第 1条
 本専門部は滋賀県高等学校体育連盟(以下高体連と称す)柔道部(以下専門部と称す)と称する。事務局は専門委員長在任の学校におく。但し必要があれば他に置くことができる。
第 2条
 本専門部は県高体連規約にしたがい、滋賀県における高等学校の柔道に関する統轄機関であり、且つ全国および近畿高体連柔道部に対して滋賀県を代表する機関であって、県下の高等学校柔道の健全な発展を図ることを目的とする。
第2章 事 業
第 3 条
 本専門部は第2条の目的達成をするために次の事業を行なう。
  1、滋賀県下において開催される高等学校柔道大会の運営に関すること。
  2、強化練習会の開催に関すること。
  3、滋賀県下における高等学校柔道指導者に関すること。
  4、その他、専門部の目的に適合する一切の事業を行なう。
第3章 組 織
第 4 条
 本専門部は県高体連に加盟した学校をもって組織する。
第4章 役 員
第 5 条
 本専門部に次の役員及び部をおく。
       部  長1名  顧 問 若干名  委員長(県高体連理事)1名  副委員長2名
       事務局員1名  会 計1名    監 査        2名  地域理事8名
       総 務 部   強化・研究部   審判部
第 6 条
 部長は、本専門部を代表し会務を統轄する。
第7条
 顧問は、委員長を務めたものとし、専門部の運営全般を円滑に進めるため指導・助言を行う。
第 8条
 委員長、副委員長は専門委員会の承認を経て部長がこれを委嘱する。委員長は部長を補佐して会務の円滑な運営にあたる。委員長に事故あるときは副委員長がその職務を代行する。
第 9条
 事務局員・総務部は委員長を助け常務を処理する。
第 10条
 会計は会計事務を司る。
第 11条
 監査は本専門部の財務を監査する。
第12条
 地域理事は各ブロック(湖北、湖東、湖南、湖西)より2名ずつ選任し、強化・普及にあたる。
第 13条
 総務部は各競技会の運営及び各大会の記録・報告につとめる。
第 14 条
 強化・研究部は強化事業や研究・調査等を計画・実施し選手強化につとめる。
第15条
 審判部は県内外の柔道競技の審判を行なう。また研究会等を開催し、審判員の育成・向上につとめる。
第5章 各種委員会
第16条
 本専門部には総務委員会、強化・研究委員会、審判・審判研究委員会を設ける。
第17条
 委員は専門部会の推薦によって部長がこれを委嘱する。
第18条
 その他必要に応じて各種委員会を設けることができる。
第6章 会 議
第19条
 専門部会は部長が招集し、予算、事業計画、その他重要事項を審議し議決する。
第20条
 専門部会は毎年3回開くことを原則とする。
第21条
 専門部会は加盟校代表の部会員の2分の1以上(委任状を含む)の出席によって成立する。専門部会の議事は出席部会員の過半数で決定する。
第22条
 代表委員会は部長が招集し、主要事項を立案し常務を処理する。緊急な事項で専門部会を開く暇のない時は代表委員会が代行し、次の専門部会に報告する。
 第23条
 代表委員会は原則として委員長、副委員長、総務部長(1名)、審判部長(1名)、強化・研究部長(1名)、地域理事(4名)で構成し、必要に応じて委員を補充することができる。
第24条
 各種委員会は、部長が招集し、随時開催することができる。
第7章 会 計
第25条
 本専門部の経費は、県高体連負担金(含滋賀県教育委員会補助金)、各校負担金、その他の収入によって支弁する。
第26条
 本専門部の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
第8章 附 則
第27条
 本規約の改正は、専門部会の議決によらなければならない。
第28条
 本規約は、平成元年4月8日から効力を生ずる。
            平成 9年4月8日一部改定。
            平成11年4万1日一部改定。
            平成13年4月1日一部改定。
            平成16年4月1日一部改定。